手術日程が決まりました


先日、ショコラはMRIの検査を行いました。
かかりつけの先生が、元いた大学病院だったそうで
無理をいってショコラの診断をお願いしてくれたそうです。
今回検査をしていただいたのは、
「日本大学 アニマル メディカルセンター」
http://www.brs.nihon-u.ac.jp/~anmec/
という神奈川の藤沢にある日本大学の動物病院。

その日は診察の後、簡単な検査をするというので
しばらくしてから再度病院へ先生の説明を受けに行きました。
なんとなく、大学病院というと恐いイメージがあったんです。
冷たいというか・・・事務的になってしまうんじゃないかと。
ですが、ショコラを診てくださった先生は、私の細かい質問にも
きちんと丁寧に説明をしてくれ、他の仔のレントゲンまで
見せてくれながらわかるようにお話下さいました。

検査の結果、ショコラは手術が適用できるとの診断を受け

今週の金曜日に予約がとれました!!

f0118627_23271850.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・。
そうなの、手術が決まったんだよ〜ショコラ。( ´ー`)ノ


一緒に頑張ろうね!病気なんてやっつけちゃおう!(*`∧´)/






■検査の結果■

ショコラは水頭症と脊髄空洞症という病気。
前回のCT検査の時にも脊髄まで水が溜まってしまっている
というお話でしたが、それが「脊髄空洞症」というそうです。

最近ショコラの視力が低下していることから、想像はしていましたが、
やっぱりこの数週間で症状は進行してしまってました。
脳の部分が前回よりも小さくなってしまっているとのことでした。
ただ、手術には十分可能な範囲。
脳というのは人間も一緒ですが、ほんの一部しか使われていないもの。
ショコラの脳の量は反応できなくなるくらいのものではありませんでした。
とはいっても進行してしまっているのも事実。
決して軽い症状ではないので、早急な手術をした方が良いとのお話でした。


■処方されたお薬■

(1日あたり)
プレドニン  1/4錠×1回
グリセリン  1.5ml×2回


■手術の内容■

脳を圧迫している水(脳脊髄液)を別の場所へ流すため
頭蓋骨に穴を開けて脳内に管を通します。
そこから皮膚の下を通して溜まった脳脊髄液を吸収の良い
腸か胃などに流すというバイパス手術。
どこに管を通すかは開いてみた状態を考慮してとのことでした。

シャントにも種類があって、旧式のものは脳圧を調整するのに
手術を数回していかなければならないそうです。
新型のシャントは切開はせずに外側から磁石で圧力が変えられるもの。
このどちらかを選ばなければいけないのですが・・・・
まだ症例も少なく、ちょっと不安が残ります。
もう少し調べてから決めようと思っています。
(ショコラパパは後者を希望)



実際考えると・・・やっぱり恐いです。
この手術は現状の維持をするもので、脳が通常のように
回復するものではありません。

手術を受ける事が本当にショコラの為になるのかはわかりません。
ショコラの負担を考えると、もしかするとかわいそうな事なのかも
しれません・・・・このまま手術なんてせずに、ショコラが生きれる
時間を楽しい事だけに費やしてあげることも間違いではないのかも・・・
と思ったりもします。これ以上痛い思いはせずに・・・

でも、同じ水頭症の子が手術を受けて、少しでも症状が緩和されている
という事実や先生のお話を伺って、ショコラが今よりも楽に毎日が過ごせるなら
と手術を受ける事を次第に望むようになっていました。

水頭症の子は、まったく無反応になってしまう子もいるそうです。
ただショコラの場合、音にはめちゃくちゃ敏感です。
おもちゃ持って遊んであげると、追いかけたりもできます。
そう、頭に溜まった水の量にしては、症状が悪化していない事に
先生がびっくりしたくらいなんですもん!\(゚◇゚\)大丈夫!

若ければ若いだけ手術後の反応もいいと聞いているので
ショコラもきっと改善してくれると信じています。

■今日のショコラ■
久々のフード完食!おしっこもちゃんとおトイレで(^^)
なんだか少し改善してきちゃってる気がしちゃいます♪♪
その後も元気に走りまわってました~っっ

[PR]